凪になりたい

Twitter @UM_7g

どうしようもない現実

昨日一昨日とセンター試験があった。すごく嫌だった。受けるのが嫌すぎて、泣きそうになるくらい嫌だった。何故かというと現実を見るのが怖かったから。受けてしまったら自分の能力が明るみに出てしまう。過去問をやっていて自分の力が志望校のレベルに達していないのは明らかだった。現実、、、怖い、、、見たくない。現実なんてカモの餌になってしまえばいいのに。食わせてやるよ。現実。みんな自分で食べてる???

 

センター試験一日目。会場には早く着いた。何故かというと臨時列車に乗ったから。いつもは普通電車に乗らないと止まらない駅なんだけど、この日だけは急行が止まってくれる。臨時列車、便利。マジ便利。一日目は文系科目。社会と国語と英語があった。社会と英語は対策してたから心には少し余裕があったけど、国語は何の対策もしてなかったから余裕はなかった。一限目、倫理を受けた。一週間前の付け焼刃でどこまで解けるか。二限目、国語、何の対策もなしに問題が解けるのか。三限目、英語、いつもよりは解けた。リスニングは何言ってるのか全然わかんなくて死んだ。

 

センター試験二日目。一日目と違い、遅めに試験が始まるため、到着時刻もそれに伴って遅くした。10時半ごろ、試験場到着。二浪の友達が、受験道具一式忘れたとか言い出して笑った。本人的には笑えないけどな。鉛筆とシャーペンと消しゴムを貸してあげた。めっちゃ感謝されたけど、自分的には試験が怖すぎてどうでもよかった。一限目は数学1A。過去問では良い感じに点数取れてたから、この調子でとろうと思って臨んだ。結果、マークミス。マークミスというか、答えを答案用紙にマークするのを忘れていた。オワタ。点数がない。これ以上試験受けても何の意味もない。人生オワタ。そんなメンタルで二限目数学2B。数列が全く解けなかった。三限目物理。全くわからん。オワタ。

 

僕の志望校は物理の得点を三倍にするんだけど、物理解けなかったし、数学マークミスするわしでもうなんか、、、だめだ。受からない。自己採点の結果志望大学のボーダーに届かず。。。恐れていた結果がそこにはあった。見たくなかった現実が、恐れていた現実が、僕のもとへ到着した。

 

投げ出す必要はないのだと知っている。この一年が無駄ではなかったとも知っている。だって去年のメンタルのまま大学に通うなんて不可能だったもの。通おうとして通えなくて、自殺して、、、ってなっていたもの。死んでいたもの。去年のおれは。自分の道じゃない。この道は自分の選んだ道じゃないとかホラをふきながら、どうでもいい難癖をつけて帰りたがっていたんだもの。今年一年の休養&大学受験は無駄ではなかったんだよ。無駄じゃない。だがたどり着きたかったところにたどり着けなかったことはどうしようもない現実だ。現実は、甘くなかった。俺はたどり着けなかった。

 

この一年の休養は間違いではなかった。この一年がなかったら俺は死んでいたもの。そう生きてるんだから。生きているから会いたい人にも会いに行ける。会いに行くよ、君に。待ってて。

 

 

まだ決定ではないけど、たぶん僕は仮面先の大学に戻ります。

長文読んでくださった方、ありがとうございました。下記にほしいものリストを張っておくので物資送ってください。働いてないのでお金がないです。

 

ほしいものリスト

https://www.amazon.co.jp/gp/f.html?C=3C101RD5G55UC&M=urn:rtn:msg:201709301021492d4c548b473b4e699136037a1480p0fe&R=YRWN7IZXX3OU&T=C&U=https://www.amazon.co.jp/gp/registry/wishlist/2H5LESP7TMTK7/ref=cm_sw_em_r_d_wsg_h22ZzbJ6Y4ZT8_wb&A=P5NPCQDIDCWA4Y08WSUHZT82CTIA&H=XSVMHUJZRYNLDEZHFVMOH3KXRT0A